BLOGページ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 女風の知識
  4. 女性用風俗(女性向け風俗)ーよくある質問ー

女性用風俗(女性向け風俗)ーよくある質問ー

今回の記事では、女性用風俗の「よくある質問」というQ&Aをお届けしていきます。

      

     

■誰とも話さずに予約する事はできますか?

はい、予約はオンライン上のフォーム入力で完結いたしますので、緊急時を除いては店舗側からお電話が発生する事もありません。匿名で誰とも話さずにご予約できますのでご安心下さいませ。

    

■個人情報を提供せずに利用したいです。

お名前はニックネームでもご予約頂けますがお電話番号とメールアドレスだけはご入力して頂いております。ご入力頂いた個人情報は厳重に管理しておりお客様の許可なく第三者へ提供する事はありません。尚、セラピストからの連絡方法でSMSを希望されるお客様に限りセラピストへ電話番号を開示致しますのでご了承下さいませ。
          

■一緒にホテルに入室してくれますか?

はい、ホテルの部屋でお待ち頂いても大丈夫ですし、ホテル付近、駐車場、ロビーなどで待ち合わせてから一緒にご入室する事も可能です。また、室内以外での待ち合わせではセラピストが先に待っているように配慮しますのでごゆっくりお来し下さいませ。

     

■デートをしてからホテルに行きたいです。

はい、各種コースは組み合わせる事ができますので、デートコースと性感コースを組み合わせて頂く事でカップルのようにデートを楽しんだ後の流れでホテルへ行く事が可能です。

    

■自宅にも呼ぶ事はできますか?

シャワーが備え付けてあるご自宅であれば可能です。
ご自宅の住所を公開したくない場合はお近くのわかりやすい場所で待ち合わせして頂いても大丈夫ですし、最寄り駅にて待ち合わせしてから一緒にご自宅へ伺う事も可能です。
尚、デートコースではホテル及び自宅への出張は対応しておりません。

   

■コース時間の選び方がわかりません。

性感コースでは最も多く利用されるのが90分~150分のコースとなります。
以下を目安にお考え下さいませ。

90分 長時間の施術だと疲れてしまう方や指圧マッサージが不要な方などにオススメです。
120分 全ての施術を充分にご堪能頂けるベーシックなお時間となります。
150分 何回もオーガズムを感じたい方や施術後にゆっくりとしたい方にオススメです。

   

■セラピストに触るのは大丈夫ですか?

はい、男性器を含む身体の全ての部分に触れて頂いて大丈夫です。
触るだけではなくフェラチオや手コキなどの行為もOKです。
基本的にマッサージ中、セラピストは下着を履いて接客を行いますがお客様からの
要望があれば下着を脱ぎます。

    

■男性経験がないのですが大丈夫でしょうか?

男性に性的なサービスを受けるだけでも緊張するのに、過去に経験がなければ不安になるのも当然ですよね。もちろん、セラピストもその事は承知しておりますのでセラピストはお客様に寄り添ってサービスを行います。お客様の嫌がる事や痛い事、不快に感じる事は絶対にしませんのでご安心下さい。当店は風俗店ですから法律により本番行為はありませんが、その直前までの行為を安全にご体験頂けます。また、セラピストの身体や男性器に触れて頂く事も可能なので、男性に慣れたり、大事な時に備えての練習という意味でもぜひ利用してみて下さい。

         

■容姿に自信がないのですが大丈夫でしょうか?

はい、こういった不安を抱える女性も多いです。
実は、お客様とセラピストで考えが相違する部分なのですが、対応するセラピストは
お客様の容姿に対してどうとかよりも、清潔かどうかを重要視する傾向があります。
どうしても気になるようであれば、綺麗めの格好をしたり、ほのかに香る香水を付けたり、
体毛の処理をしておく事で、セラピストは清潔感のある優良なお客様だと感じてくれます。

   

■延長したい時はどうすればいいですか?

当日、担当しているセラピストへお申し付け下さいませ。
セラピストから当店へ延長の連絡が入り次第、お客様へ延長料金が記載された延長確定メールを送信致します。そちらに記載された延長料金をセラピストへお支払い下さいませ。

    

■支払い方法は何がありますか?

現金支払いとオンラインによるクレジットカード決済をご用意しております。
現金支払いの場合は当日、セラピストにお渡し下さいませ。
クレジットカード決済の場合は、ご予約頂いたメールアドレスへ決済フォームをお送りしますので利用時間前までに決済をお願い致します。
クレジットカードの明細はOBSLLC.と表示されます。

    

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事